ホーム > 出来事 > 取引を考える中で

取引を考える中で

現実にノートPCの画面の前に座って、つねに動いている為替レートを眺めていると取引をするという抑えようの無い感情に煽られる場面も少なくないだろう。

 

しかし、なんとなく感覚で取引するのは、避ける必要があります。

 

知っての通り、マーケットは四六時中いかなる時でもいずれかの為替市場が変化しているし、為替相場も、変化しています。

 

そうであっても、何度もトレードを重ねているとそれだけ損失を被るリスクが高くなります。

 

確かに取引の回数を経験することによって次第に勝利する確率が半々になっていきます。

 

けれどもその事は「はっきりしない勘で売買」することとは別の問題です。

 

売買回数を増やすという意味は自ら「ここはいける」と直感した機会を得られた場合の売り買いの回数を積むという事を意味します。

 

何となく、注文を繰り返すのとは明確に違います。

 

市場の勝負に勝つためには白分で思案してけじめをつけることが肝心です。

 

「ここで勝負」と考えた外国為替市場の時には、いっそのことポジションを積み増して、意識して利益を追求します。

 

「少し難解なマーケットでどう動くのかわからないな」と感じた時は諦めて売買ポジションをクローズして放置します。

 

このくらいのテンポでやった方が結果的には売買は勝利します。

 

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

まさに言葉どおりだと思います。

 

為替とは、いついかなる時でも売買ポジションを保有する事が大切ではなくポジションを保有せず何もしないことも時には、FXです。

 

じゃあ、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。

 

ひとつめは、先述した通り、これからの外国為替相場が今ひとつ見通しがきかない時です現状から高くなるのか安くなるのか判断できない時は、分からないまま行動すると、自分自身で書いた台本とは逆方向に外国為替相場が変動してしまい損をする事になります。

 

だから、こういったケースではポジションを諦め、何もしないで様子をみるのが最良の方法です。

 

次に、あなたの健康状態がすぐれない時です。

 

体の調子とマーケットに関係性はないと考える投資家もいるだろうが。

 

実際にはつながりがあります。

 

体の状態が変な時は外国為替相場の重要なところで正しい決断を下すことができなくなります。

 

気乗りがしない時はFXから離れてみるのも重要な事です。

 


関連記事

  1. 取引を考える中で

    現実にノートPCの画面の前に座って、つねに動いている為替レートを眺めていると取引...

  2. 普通と逆にいく

    普通の初めての方向けのFX取引の書籍では、「損失が生じた場面ではナンピンをするこ...